債務整理なら弁護士と一緒にやろう

「どうしよう、銀行や消費者金融から借り入れていたお金がもう返せなくなりそうだ・・・」このような悩みを抱えている人が行うのが、債務整理という手段です。
これを行うことで借金を減らしたり帳消しにしたりすることができ、借金返済生活に区切りをつけることができます。
また弁護士の方に相談すれば取立てや脅迫といったこともやめさせてもらえるので、今までの悩みが全部解決しますよ。


債務整理を弁護士と行うのには大きなメリットがあった!

債務整理は、複雑で一般の人ではなかなか理解しがたい法的な手続きを行うことになります。
そもそも整理は借金を抱えているすべての方が利用できる手段というわけではなく、きっちりと裁判所の判断を仰いで行うものなのです。
弁護人と一緒に行うとこれらの難しい手続きをすべて代わりに行ってくれるので、とっても気が楽になりますよ。
また、債務整理を行っている途中で払いすぎた利息、すなわち過払い金を発見することもできるので、場合によっては得をすることもあります。
見つかればそのまま請求に応じてくれる弁護人もいらっしゃるので、借り入れ金の整理は法のプロとやっておいた方がいいでしょう。


弁護士と債務整理を行うと費用はどれくらいかかるの?

しかしここで気になってしまうのが、「債務整理を弁護士と一緒にやっていくとなった場合、どれくらいのお金がかかるの?」ということ。
ただでさえ借金の返済ができなくて困っているという気持ちはわかりますが、法のプロと整理をおこなうとなるとそれなりの費用がかかってしまうのが現実です。
では実際にそれくらいかかるかというと、まず相談料だけで5000円程度とるところがあります。
しかし最近では無料相談を行ってくれる法律事務所が多いのでそちらを利用すれば0円です。
次に報酬金ですが、これはだいたい1件あたり20~30万円以上だと言われています。
これは債務整理が成功したときの報酬として払うお金ですので、相談する際にはかからないので安心してください。
きちんとしている弁護人ならば契約前にきちんと費用の話もしてくれるので大丈夫です。
また、過払い金の請求が成功した場合には、その10%程度を報酬金として払うことになるそうなので知っておいてください。
これを聞いて、「なら一人で整理をやった方が圧倒的に安く済むじゃん!」と思った方もいるかもしれませんが、一人で法的な手続きを踏むのはとっても大変ですし、間違えてしまったら余計に大変になってしまうので、必ず弁護士の方とやるといいでしょう。


司法書士とどちらがいいのか?

法律に詳しい人物には弁護士のほかにもう一人います。
司法書士という人物です。
こちらも債務整理を一緒に行ってくれる人物ですが、両者はどのように違ってくるのでしょうか?
まず、費用が違います。
司法書士のほうが安く済み、10万円~20万円程度で整理を行ってくれると言われています。
しかし弁護人のようにすべてをカバーしてくれるのではなく、一部しか手伝ってくれません。
そのため他の手続きは借金を背負っている本人がやるしかなく、手間が増えてしまいます。
また、司法書士の場合は債務整理を行える金額が140万円までと決まっており、それ以上の金額になると整理を断られたり2人がかりで行うことになるため費用が倍近くかかってしまうなんてことになってしまったりします。
自分の状況を冷静に省みて、両者のうちのどちらを選んだらいいのかをしっかりと考えておくといいでしょう。
しかし、弁護人と一緒にやった方が安心できるというのは明らかなようですね。